perenndale
トップページ>ハンドカーダー

ハンドカーダー

「ハンドカーダー」って何ですか?

ペレンデールではハンドカーダーを使うことが基本と考えております。

「混毛」「混色」をして目的にあった羊毛を作り上げていくことをお勧めします。
「ハンドカーダー」はそのための専門の道具です。
犬用品と同じかとご質問を受けますが違う用途のものです。
これは毛を混毛するために使うものですので1対で使います。
ガリガリしないように軽くやさしく混ぜてください。
ペレンデールにはMIXするためのさまざまな種類の素材がありますのでお試しください。

例えば思い通りの「色」を作りたい場合は染色羊毛は「メリノ」「シェトランド」の2種類をブレンドします。
この羊毛の色は全て「絵の具」だと思ってください。
パレットに絵の具を入れて混色すると同じ感覚で色を作っていくことが出来ます。
薄めるときは白羊毛を使います。
「色探し」をするより「色作り」を楽しんでください。

もう少し弾力が欲しい場合は「弾力のある羊毛」サフォークなどを混ぜてみてください。
もう少し光沢がほしい、自然な感じに仕上げたい、動物などの毛に近づけたい、、など目的に応じて
混ぜる対象が変わってきます。
アルパカ、モヘア、シルク、洗毛ずみ原毛などもブレンドしたり工夫してください。
種類の違うものをポイントに入れていくことでどんどん表情が変わっていく事に驚かれるでしょう。

道具もいろいろありますが、手軽に始められて使いやすいものをご紹介しています。

特に「ニードルフェルト」など毛長のために作業しにくい方は「ハンドカーダー」を使ってください。
絡みやすく刺しやすい羊毛に変化します。
この時、より用途に合った羊毛を作るために他の羊毛を一緒にカードしても良いでしょう。
   

   

What is・・・?

カーディング

▲画面上にもどる